ニュース

日本ではなぜカジノが物議を醸しているのか?

日本ではなぜカジノが物議を醸しているのか?

過去数十年間、カジノ産業にはブームが到来しています。賭博場による徹底的なロビー活動により、多くの国では、カジノの経済効果に注目しています。しかし、プロモーション活動や大々的な宣伝広告がなんの結果ももたらさず、まだまだ改善の余地が残されています。日本は、一般的にギャンブル、とりわけカジノが、常に争議の的となってきました。ですから、賭博やカジノに関する日本の歴史には、いろいろな紆余曲折がありました。合法の国営賭博については、ある程度要件を満たしていても、主流のギャンブルについては、大きな開拓の余地が残されているのです。 ギャンブルの歴史: ゲーム業界における日本の評価や、125億ドルというゲーム業界の年間売上額を考えると、日本はまだカジノを確立しているとは言えません。日本におけるカジノ進出が遅れを取っているのには、様々な理由があります。その一つが、カジノに対する日本国民がもつ一般的なイメージです。また、カジノのプロモーションが不足していることも、カジノに対する反対意見に加担しています。しかし、過去には、積極的な変化が見られた時代もありました。日本の賭博の歴史は、7世紀にまで遡ります。当時は、上流階級の人々をもてなすために、賭博が皇居内で開催され、次第に賭博が盛んになっていったのです。 現代におけるギャンブル規制と禁止令: 日本の独特なギャンブルの歴史には、驚かされます。特に現在、日本がゲーム業界の中心地とみなされていることを考えると尚更です。現在のギャンブルに関する規制は、20世紀前半に制定されました。しかし、戦争が始まると、賭博活動は禁止されました。第二次世界大戦直後、日本は戦争による経済損失を取り戻すため、賭博を利用しました。ギャンブルの営業は許されてはいたものの、合法化されることはありませんでした。 カジノ合法化: 日本は目下、ごく少数を除いて、あらゆる形態のギャンブルを禁止しています。しかし、この状況が今、ガラリと変わろうとしています。日本の刑法では、カジノやギャンブルを禁止していますが、競馬、競輪、宝くじ、国営賭博は許可されています。日本のカジノ合法化に向けた最初の運動は、21世紀初頭に始まりました。日本のギャンブル業界における最も重要な展開の一つは、2015年にカジノ法案が提出されたことです。2018年にその法案が可決され、カジノの営業が合法化されました。日本は、統合型リゾートという形で、国内の3つの地域でカジノを建設しようとしています。 規制と競争: 日本は、ゲーム業界ではトップに君臨しています。カジノの登場に伴い、日本は、カジノ業界の水準を維持するだけでなく、「ゲーム業界のメッカ」の名に恥じないカジノを作り上げる必要があるでしょう。 まとめ: 日本における賭博場は、特に目新しいものではありません。しかし現代版のカジノは、日本が初めて目にすることになります。大阪のカジノに対する入札が、すでに終了しました。次なる二ヶ所に対する入札者間の価格競争が、今始まったところです。 わざわざランドカジノに行かずに、いつでもどこでもプレイができるオンラインカジノを始めましょう! オンラインカジノデビューするなら日本で一番人気のVeraJohnで決まり! ベラジョンで、最高傑作との呼び名も高いパチスロ風ビデオスロット「ドリームズ・オブ・ゴールド(金蛙神)」をプレイしてみましょう~
Read More